FC2ブログ

自由を掴もう!

やまの教える「楽に生きる方法!」 > スポンサー広告 > 若者の抵抗> その他 > 若者の抵抗

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の抵抗

2012年06月26日(火)

終身雇用制度は有る意味国と市民の血の契約の様な物。
例えば軍隊に入って国の為に戦い、手や足が吹っ飛んでも
国は生活費を出してくれる。
例え兵隊が死んでも親兄弟の生活の面倒は国が見てくれる。
その代わりにどんなことがあっても忠誠心を持ち続け、
国の為に働き続ける事を義務とする。

これって国を会社に置き換えると正に現代の終身雇用制度
ですよね。



さて、日本人は第二次世界大戦で【明らかに国が負ける事が目に見えている時】に
どんな行動を取ったのかと言えば、それは誰もが知る事実。

そう、【神風特攻隊として、国の為に突っ込んでいく】という
狂気を地で行ったわけです。



今は時代が変わり、小型の戦闘機で自爆覚悟で突っ込む事は
無くなりましたが、正気を保てなくなるくらいの精神状態に
追い込まれたり、働き過ぎて過労死するという狂気を地で行ってますね。



「戦時中とやってること変わらないじゃん!」と誰もが思う事でしょう。
そうです、全く変わりません。



ところで戦争が終わった時、日本人はどういう道を選んだかと言いますと、
明日の飯を食うために何でもしていました。太い鎖から解き放たれた
人々は、自分が生きていく為に出来る事を自発的に選択していったのです。
だって国が助けてくれるなんて嘘だってことが分かっちゃったんですから。



当時戦争の中心にいた人は新たな商売を始める若者に対して
「礼儀がなってない」「根性が無い」「アメリカの犬になった」
と彼らを批判したでしょう。



彼らは国が負けたという事実を歪めて国に若者を縛りつけようとしました。
いつかまた日本は返り咲くという言葉を両肩に乗せて竹槍の訓練や
無意味なシゴキを強いた様です。



あれ?これって年金とか出世っていう言葉で縛り付けて
若者を長時間労働で働かせ続ける会社にそっくりですよね。
「上司に対する態度がなってない」
「最近の若者は仕事ができない」
「ゆとり教育で馬鹿が増えた」
散々言われてどんどんやる気を無くす若者が勃発したはずです。



さて、現代の若者は人参がなくなったことを察知して
とある行動に出ました。



それは無気力になるということ。



【新・ぶら下がり社員」症候群】という本をご存知でしょうか?
上手い事現代の若者の心理状態を表しているなと思う一冊です。

「辞めません、でも頑張りません」というフレーズは良く考えたなと思います。





結局人参がぶら下げられなきゃ人間働かない訳ですよ。
仕事も生活が豊かになるから頑張るんですよね。



人間は若者だろうが年寄りだろうが皆損得勘定で
生きてるわけですから期待値の低い事には精を出さない様に
出来ているんですよね。



神風特攻隊は今から考えれば狂気の沙汰ですが、当時は
本気で命を賭けてお国の為に尽くそうとした若者が居たのは事実。
彼らは国に騙されていた、尽くした先ある期待値をごまかされていました。
戦争に勝ったら物質的にも精神的にも豊かになるという妄信・・・



今も昔も力を持った大きな集団が期待値をごまかして
自分の既得権を維持しようとするのは変わらない事に
気がついて欲しい。人間なんてそう変わらないでしょう。



会社の為にうつ病になったり自殺した人を会社は覚えているでしょうか?
むしろ早くその事実を抹消したいと思っているでしょう。
そんなもんなんです。



ある意味ニートや引きこもりは正常な行動なんですよ。
彼らは世間に出て期待値の低い労働をする事が本当に
許せないんだと思います。妥協出来ないんですね。
僕も両親にお金あったらニートになりたいもの。


でも逆にニートの人こそ起業すべきかもしれません。


ニートが自分の年収の何倍も稼ぐ事が一般的になれば
会社=安定というマインドコントロールも次第に
溶けていくでしょう。



一番大事なのは自分が自分らしく生きていく事。それにつきますよね。

↓賛同して頂けたらコチラをクリックお願いします☆↓

クリックして頂けたらとても喜びます(笑)

あと、他の賢人のブログが沢山見られます。


人気ブログランキングへ

おきてがみ

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。