FC2ブログ

自由を掴もう!

やまの教える「楽に生きる方法!」 > スポンサー広告 > 初めに> 業界ウラ事情 > 初めに

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めに

2012年03月22日(木)

 商売はこれほど勝ち負けがはっきりしているのか。
 仕組みを考えた奴が商売は勝つんだなと良く思います。

 僕の所属している会社は化学石油製品を扱っている会社です。
 
 ガソリンスタンドで売っているガソリンや灯油をメーカーさんから買って
 個人事業主の方に転売する。いわゆる卸売業者というやつです。

 車に乗る方なら気にされると思いますがガソリンの価格って割りと頻繁に
 変わっています。株と一緒で毎日価値が変わるんです。

 当然ガソリンの価格交渉も毎日の様に行われると思いますよね?
 
 ところが違うんです。ガソリンはメーカーさんが一方的に価格を決めるんです。
 交渉はありません。ガソリンはメーカーさん以外に作れないから
 価格が高くてもしぶしぶ買うしかありません。
 もっと言えばガソリンを切らしたら商売をする事が出来ないので
 嫌でも何でも納入するしかない。

 では個人事業主さんはというと、当然仕入れた価格が高くなった訳だから
 同じ利益を出す為にはお店で販売する時に価格を上げなければいけません。

 卸業者なんてホントに肩身が狭い訳ですが
 個人事業主さんはもっと苦しい状況になります。オイルショックでも起これば
 お客さんも納得してくれますが価格が上がった理由が無ければお客さんは離れてしまいます。
 
 さて、個人事業主さん目線に偏っているように思われてしまいそうなので
 ここでウラ事情があるのです。

 実はメーカーさんは自分の子会社をもっています。子会社でもガソリンスタンドを
 沢山運営しているのです。

 子会社には何と生産時の産地直送価格でガソリンが仕入れられてきます。
 個人事業主さんが売るより安いですね!

 個人事業主さんにはとても高い価格でガソリンが納入され、
 そこから数m離れた自分の子会社にはとても安い価格でガソリンが10分後に納入されているのです。
 
 同じガソリンなのに!!

 皆さん道を車で走っていて
 「なんで数百mしか変わらないのにこんなにガソリンの価格が違うの?」
 と思った事ありませんか?

 それはこういったカラクリがあったからなのです。
 個人事業主の方はハラワタが煮えくり返っています。
 
 「だったら仕入先を変えればいいじゃない」
 と思いますよね。ところが皆さんご存知の通りガソリンスタンドには
 メーカーさんのマークが付いています。

 ということは当然他のメーカーの商品は仕入れられないのです。
 
 セブンイレブンにローソンの商品は置けないのと一緒です。
 
 何だかガソリンという限定的な商品の優位性にあぐらを掻いているようですが
 結局メーカーさんは二度美味しい仕組みを作ったというわけです。
 
 石油メーカーが何故あれだけ巨大な資本を築き上げられたのか。
 まさに強者と弱者、勝ち負けがはっきり分かれる業界だと思います。


   

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。